婦人

小さい顔になる方法

顔を触る人

憧れの小さな顔へ

大好きな芸能人もやっぱり顔が小さい。羨ましい反面、自分には無理だなと感じていませんか。確かにフェイスラインって骨格が主になっていて、小さくするなんて普通は難しいですよね。しかし、ちょっとした生活習慣の見直しから美容整形まで、様々な方法で小顔を手に入れる事は可能です。健康と美容は直結しているので、まずは栄養バランスの整った食生活を心がけましょう。フェイスライン云々の前に、美を手に入れる大前提として、適度な運動とバランスの良い食事やたっぷりな睡眠は心がける必要があります。どんなに肌が綺麗でも、お化粧してもチークでシャドウを入れてみても、どんなにファッションに気を配っても、フェイスラインは小さくなりません。美容整形って何だか怖いし、自分の顔にメスを入れるのには流石に抵抗があるなととどまる人も多いようですね。しかし最近では、メスの入れない手術もあって簡単に小顔になれるって知っていましたか。整形といってもプチ整形に近いような手術で、手術といっても5分くらいで済んでします簡単なものなのです。例えばボトックス注射というのは、聞いたことがありませんか。ボトックス注射は顔の筋肉を細く、弱めていくことでどんどんとフェイスラインがスッキリして、小顔矯正ができるというものです。一定の期間で戻ってしまうものではあるのですが、小顔矯正ができるものの中にはかなり手軽にできるものなので、人気が高いです。美容整形以外だと、アルミパックをお風呂でつけてサウナ状態にして汗をかいたり、圧をかけて小顔矯正マスクをしたり、マッサージや美顔ローラーを頻繁にやってみたり。また骨がずれている場合もあるので、整体などで矯正術を受けて効果があったという人もいます。このように女性の涙ぐましい努力とは裏腹になかなか現実的に結果が出ないのが小顔矯正です。しかし、美容整形ではそれが可能です。今まで避けてきたお肌にメスを入れるような手術をしなくても憧れのフェイスラインが手に入るのならやって見てもいいかなと少し考えますよね。しかし顔に注射を打つわけですから、メリットだけではなくデメリットも考慮した上で手術を受けたいですよね。ボトックス注射の場合には、筋肉に浸透してから実際にフェイスラインに影響するまでに少しタイムラグがあります。1週間ほどすると、あれ細くなっていると感じることができますし、周りからも痩せたんじゃないのと言われることが増えるでしょう。ですので、結果を焦りすぎないことが大切です。そして、ある一定期間をすぎると効果がなくなるため、再度新たに注射をしにいくこととなります。なんどもなんども繰り返しすぎると、身体的にもよくはないので、きちんとしたクリニックへ通うことをお勧めします。できれば形成外科出身のドクターがいるようなクリニックへいくと安心でしょう。小顔になるための手術はボトックスだけではないので、より安心して手術の相談を受けられるようにカウンセリングでドクターとの相性を確認することをお勧めします。誇大広告を鵜呑みにせずにできるだけしっかりとホームページで確認して見て下さい。安さの代償に取り返しのつかないことにならないために気をつけてクリニックを利用しましょう。そうすれば、憧れのフェイスラインに近く道が開いていきますよ。